野球クロスロードBACK NUMBER

松井秀喜から注入された宿命と覚悟。
村田修一、真の「巨人の4番」へ。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/02/18 11:20

松井秀喜から注入された宿命と覚悟。村田修一、真の「巨人の4番」へ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

阿部慎之助との4番争いに改めて意欲を燃やす村田修一。昨年は打率3割1分6厘、25本塁打、87打点とリーグ連覇に大きく貢献したが、日本シリーズでは楽天に競り負けた。今季への思いは強い。

阿部との競争に勝って、真の巨人の4番打者になる!

 今年のキャンプで松井コーチから巨人の4番としてのDNAを継承できたことは、村田にとって絶好のタイミングと言えよう。

「松井さんは巨人の大先輩です。その背中を追いかけながらやっていければいいですね」

 2月6日を境に、昨年、村田を上回る99試合で4番を務めた阿部慎之助への対抗意識がより一層、強いものとなった。

「今年は4番を打つつもりでやる」

 濃密なる152球。

 偉大な先人が投じた1球、1球は、「巨人の4番・村田」を形成していくうえで、大きな道しるべとなった。

 たとえ険しくても、村田はその道を一歩ずつ、踏みしめながら歩む。

関連記事

BACK 1 2 3 4
読売ジャイアンツ
村田修一
松井秀喜
阿部慎之助
小久保裕紀
清原和博

プロ野球の前後の記事

ページトップ