SCORE CARDBACK NUMBER

2014年の日本男子は、
“不器用さ”が鍵になる。
~石川、松山、宮里が臨む戦い~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/01/25 08:10

2014年の日本男子は、“不器用さ”が鍵になる。~石川、松山、宮里が臨む戦い~<Number Web> photograph by AFLO

宮里はアジアンツアーQスクール、全英オープン予選会を経て、日本ツアー開幕を迎える。

 2014年の日本男子ゴルフ界では3人の選手に注目したいと思う。

 まずは昨年、思うような成績を残せなかった石川遼。彼は見かけによらず不器用で頑固な選手だと言えよう。「幸運なだけで、階段を2段も3段も飛び越えてきた」というデビュー時代。だからこそ米ツアーのシード権をかけて下部ツアーとの入れ替え戦で最後のサバイバルから這い上がった時は「もう二度とあそこには戻りたくない」と感じた。「やはりしっかりと一段一段登っていかないと」と再認識したのが昨シーズンの石川だったのではないだろうか。

 そんな石川の姿は若き日のジャンボ尾崎と重なり合う。ジャンボは「不器用は武器になる」と言った。器用だと思っていた自分が実は不器用な人間だと悟った時、スランプを脱出できたという。それからはコツコツと丹念に積み重ねる日々をやり通したのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 521文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界一を獲る!~頂点を極めるための方法論~

関連記事

石川遼
松山英樹
宮里優作

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ