SCORE CARDBACK NUMBER

米ツアー初優勝は秒読み?
松山英樹の波に乗る力。
~“あと一歩”の壁を打ち破れ~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/02/19 06:10

米ツアー初優勝は秒読み?松山英樹の波に乗る力。~“あと一歩”の壁を打ち破れ~<Number Web> photograph by Getty Images

最終日、一時は首位と1打差まで迫ったものの通算14アンダーの4位タイでフィニッシュ。

 ゲームの波に乗るという言葉がある。目に見えない“空気感”や“流れ”をつかんで、最終日まで優勝争いの渦の中から弾き出されることなく、うまく波とサーフボードを操っているような感覚とでもいおうか。左手負傷から復帰2戦目の米ツアー、フェニックス・オープンでの松山英樹のゴルフが、まさに“ゲームの波にうまく乗れた”戦いだった。

 結果的には4位だったが、米ゴルフメディアや関係者の評価は、また上がった。著名なティーチングプロのピーター・コスティスは「彼のスイングリズムは、最高にいい」と賞賛したという。

 初日は66で10位発進。2日目は3打差の暫定5位。3日目は首位と3打差の3位。まさに優勝争いをする絶好のポジションで最終日を迎えた。松山は13番で3つ目のバーディを奪い、首位と1打差で終盤に。だが、16番で痛恨のボギー。さらに17番でのバーディチャンスを沈められず2打差の4位に留まった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 484文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<フットボールに未来はあるか>レジェンド11人の欧州蹴球論。

関連記事

松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ