Number on NumberBACK NUMBER

ぶっちぎりの10回目。
~米賞金王ウッズ、38歳の円熟味~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/01/21 06:10

ぶっちぎりの10回目。~米賞金王ウッズ、38歳の円熟味~<Number Web> photograph by Getty Images

帝王ニクラウスは46歳でマスターズを制し、メジャー18勝目を挙げた。現在38歳にしてメジャー14勝のウッズは、どこまで迫れるだろうか。

 タイガー・ウッズが'13年、通算で10回目の米ツアー賞金王になったことは、ほとんど話題にならなかった。'13年も16試合で5勝を挙げ、米ツアーでは通算79勝。サム・スニード(米国)の持つ歴代最多勝利記録82勝に、あと3勝と迫っている。'14年のうちに肩を並べる可能性が高い。

 彼の場合、もはやメジャー大会で勝たないと、人目にふれるような報道はされない。メジャー大会の歴代最多勝利はジャック・ニクラウス(米国)の18勝。ウッズは現在14勝だから、ニクラウスの記録に迫った時には、大きな話題になるだろう。しかし米ツアーで通算10回の賞金王というのも、ウッズならではのたいへんな記録だ。賞金王の回数は、ニクラウスの8回を上回ってすでに歴代最多になっていたが、節目の10回目は、もう少し報道されてもよかったように思う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1928文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

タイガー・ウッズ
ジャック・ニクラウス
フィル・ミケルソン
尾崎将司
ビジェイ・シン
ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ