沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

日本ダービーに最も近いのは牝馬?
2014年のクラシック戦線を読む。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/01/18 08:20

日本ダービーに最も近いのは牝馬?2014年のクラシック戦線を読む。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

昨年8月の新潟2歳ステークスで上がり3ハロン32秒5という驚異の末脚を見せたハープスター。その真価がクラシックで問われることになる。

牡馬戦線にもクロフネ級の可能性を秘めた馬が。

 そして牡馬。朝日杯フューチュリティステークスを勝って2歳王者になったアジアエクスプレス(父へニーヒューズ、美浦・手塚貴久厩舎)は、初の芝であの相手を差し切ってしまったのだから、クロフネやアグネスデジタル級の「芝・ダート両刀使い」の化け物になるかもしれない。

 朝日杯を除外され、その前日のひいらぎ賞を朝日杯よりコンマ5秒速いタイムで逃げ切り、年明けのシンザン記念も快勝したミッキーアイル(父ディープインパクト、栗東・音無秀孝厩舎)もかなりの器だ。

 しかし、両馬とも、ダービー馬候補というより、「NHKマイルカップの本命候補」という感じがする。

 皐月賞、ダービーと進んで行きそうな馬としては、武とのコンビで新馬、京都2歳ステークスを連勝したトーセンスターダム(父ディープインパクト、栗東・池江泰寿厩舎)と、こちらも2戦2勝のバンドワゴン(父ホワイトマズル、栗東・石坂正厩舎)が大物感を漂わせている。

 同じく2戦2勝のエアアンセム(父シンボリクリスエス、美浦・伊藤正徳厩舎)と、「コスモバルクの再来」となることを期待されているプレイアンドリアル(父デュランダル、川崎・河津裕昭厩舎)が、今週の京成杯に出走する。特に、まだまだ底を見せていないエアは、ここを勝つようなら、一躍クラシック戦線で「東のエース」となりそうだ。

 ここに記した有力馬に注目しつつ、「遅れてきた大物」の登場に期待しながら、若駒たちの戦いを見つづけたい。

関連記事

BACK 1 2 3
ハープスター
チョコレートバイン
フォーエバーモア
クリスマス
アジアエクスプレス
ミッキーアイル
トーセンスターダム
バンドワゴン
エアアンセム
プレイアンドリアル

競馬の前後の記事

ページトップ