SCORE CARDBACK NUMBER

3割打っても容赦なし!
鷹の1番・中村晃の正念場。
~内川らとの競争に打ち克て!~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/01/06 06:00

3割打っても容赦なし!鷹の1番・中村晃の正念場。~内川らとの競争に打ち克て!~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

帝京高時代は2年夏から4番に座り、3季連続の甲子園出場。高校通算60本塁打を放った。

 昨シーズン、チーム打率リーグ1位ながらクライマックスシリーズ進出を逃したソフトバンクは今オフ、王貞治球団会長の言葉通り「現場が言い訳ができないような補強」を行なった。

 たとえば秋山幸二監督が昨季合格点を与えた一人に、一塁を守ることも多く、打率3割7厘、5本塁打、出塁率は3割9分2厘と、1番打者として申し分のない成績を残した中村晃がいる。帝京高時代から素質は注目されていたが、プロ6年目にしてようやく結果を残した男だ。だが、その中村にすら来季の定位置は保証されていない。

 オリックスから、昨季3割をマークし、2年連続24本塁打を放った李大浩を獲得。また、キューバ出身でメキシカンリーグの元首位打者・カニザレスも加入。2年目を迎えるラヘアも、日本野球に馴れればブレイクの可能性を秘める。加えて元三冠王の松中信彦に、一塁にコンバートされる吉村裕基と、5人のライバルが正一塁手を争うことになるため、中村は秋季練習で外野に固定された。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

福岡ソフトバンクホークス
秋山幸二
中村晃
イ・デホ
松中信彦
吉村裕基

プロ野球の前後のコラム

ページトップ