SCORE CARDBACK NUMBER

新機軸マシンの投入で
活性化を図るモトGP。
~来季へ火花散るホンダvs.ヤマハ~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2013/12/07 08:00

新機軸マシンの投入で活性化を図るモトGP。~来季へ火花散るホンダvs.ヤマハ~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

青山がテストしたRCV1000R。公表されている最高出力は175kw/16000rpm(約238ps)だ。

 最終戦の興奮も冷めやらぬなか、バレンシアで恒例のモトGP公式テストが行なわれた。これを最後に来年1月いっぱいまでテスト禁止となるため、3日間の日程は貴重なデータ取りの機会となる。チーム継続の選手は'14年型のテスト、移籍組とモト2からのステップアップ組は乗り換えテストに集中した。

 このテストで大きな注目を集めたのは、ホンダがモトGPクラスに投入する市販レーシングマシン「RCV1000R」だった。このマシンは、ホンダのワークスマシン「RC213V」の廉価版で、2台のマシンと2基のスペアエンジン、そしてエンジンのメンテナンス料も含めて100万ユーロ(約1億3000万円)。高い性能を安価で提供する。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ホンダ
ヤマハ
ドゥカティ
青山博一
マルク・マルケス
ニッキー・ヘイデン

MotoGPの前後のコラム

ページトップ