SCORE CARDBACK NUMBER

体格の差をどう克服するか。
指揮官が追求する日本らしさ。
~グラチャン3位、女子の新戦術~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2013/12/02 06:00

体格の差をどう克服するか。指揮官が追求する日本らしさ。~グラチャン3位、女子の新戦術~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

「チャンスが少なくなる分コートにいるときは1点でも多く取りたかった」と語った岩坂。

 11月17日、バレーボール女子のワールドグランドチャンピオンズカップが閉幕した。全日本女子は3位となり、銅メダルを獲得して大会を終えた。

 同大会12年ぶりのメダル獲得もさることながら、注目を集めたのは戦術だった。セッター、オポジット、ウイングスパイカー2名、ミドルブロッカー2名の配置が普通なのに、日本はミドルブロッカーを1枚減らし、ウイングスパイカー3枚にしたのだ。いわば常識を覆す取り組みは3年後を見据えてのことであった。

 平均身長で海外の強豪国に劣る日本は、これまでも、どこで相手を上回り勝負できるかを考えてきた。その答えがサーブとレシーブのレベルアップ、速い攻撃の志向、データの駆使であり、結実したのがロンドン五輪での銅メダルである。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

眞鍋政義
岩坂名奈
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ