SCORE CARDBACK NUMBER

究極の異文化・大相撲で、
大砂嵐が目指すもの。
~エジプト人力士に大鵬イズムを~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/11/15 06:00

究極の異文化・大相撲で、大砂嵐が目指すもの。~エジプト人力士に大鵬イズムを~<Number Web> photograph by KYODO

祖国エジプトで開かれた講演会に出席した大砂嵐。「アラブに相撲を広めたい」と語った。

 1年納めの大相撲九州場所。エジプト出身力士の大砂嵐が、外国人最速記録の新入幕力士として、その土俵を沸かせている。新十両で迎えた7月の名古屋場所は、信仰するイスラム教のラマダンの時期と重なり、断食しながらも10勝を挙げた。翌9月場所でも10勝し、たった2場所での十両通過。その記者会見では、「早すぎる。もうちょっとゆっくりでもよかった」と、緊張した面持ちで、思わず本音を漏らした。

 モンゴル勢に限らず、大関琴欧洲、引退した元大関把瑠都をはじめ、外国人力士たちの出世は、おしなべて早い。その裏でいつも懸念されるのは、究極の異文化である大相撲への「理解度」だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

大砂嵐

相撲の前後のコラム

ページトップ