ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

相撲という美しい文化を
手だれの筆で味わう。
~舟橋聖一・著『相撲記』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2013/12/08 08:00

相撲という美しい文化を手だれの筆で味わう。~舟橋聖一・著『相撲記』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『相撲記』舟橋聖一著 講談社文芸文庫 1400円+税

 相撲の百科事典のようだ。作者・舟橋聖一は、風俗小説の大家で、長い間横綱審議委員会の委員、委員長を務めていた。東京都墨田区横網町の生家の筋向いが相撲部屋、家には取的たちが出入りし、幼い作者は彼らの肩車に乗せられて遊びに連れて行ってもらったというから、相撲は芝居と並んで作者の生活の一部だった。

「私は、研究とか歴史とかいう風にしゃちこばらずに、出来るだけ自然に、平明に、相撲について語って見たい」と言うのだが、「語って見るということが、作家にとって、いつものるかそるかの一番だ」と、愛する相撲を書く上での覚悟にさらりと触れる。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

相撲の前後のコラム

ページトップ