プロ野球亭日乗BACK NUMBER

今までの横浜ナインの野球感を覆す、
カウント1-3における渡辺直人の選択。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/12/27 10:30

今までの横浜ナインの野球感を覆す、カウント1-3における渡辺直人の選択。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

来季の契約更改を楽天球団と済ませた直後の12月9日、横浜への金銭トレードの通告を受けた渡辺直人。生え抜きの中心選手の放出はチーム内外に大きな波紋を広げた

 このオフ、ある意味、最も衝撃的だった発言は、昨オフにロッテから横浜に移籍した橋本将捕手が1年間、横浜にいて感じたというこの言葉だった。

「このチームでは、ありえないことが当たり前になっている」――。

 橋本によると「試合中にベンチにいる選手が少ない」など、他チームでは考えられない出来事に、横浜では当たり前のように遭遇したというのだ。

 確かにこれまでも某主力選手は途中交代すると、ベンチ裏に下がってソファーで寝そべりながらテレビ観戦を決め込んでいた――そんな話も聞いたことがある。他チームでは打ちこまれた投手も、アイシングが終わればベンチに戻って声を出す。そういうことは常識中の常識だと思っていたが、横浜ではどうやら違うようなのだ。

 尾花高夫新監督を迎え、これまでの大雑把な野球から「アナライジング・ベースボール」を掲げて野球スタイルの一新を図ったものの、シーズン中には監督と主力選手の不協和音がささやかれ、終わってみれば3年連続最下位。しかも、シーズン中に身売り騒動が表面化し、オフには主力の内川聖一内野手がFAでソフトバンクに移籍した。

 そして橋本のこんな爆弾発言だ。

暗い話題ばかりの横浜に渡辺直人が明るい光を注ぎ込む。

 2010年の横浜にいい話なんか何もなかったが、唯一ともいえる朗報は、楽天から渡辺直人内野手を金銭トレードで獲得したことだった。

「(楽天では)最高の仲間と最高の野球ができたことに感謝したい。でも、今日からはお互いに頑張って最高のステージ(日本シリーズ)で戦えれば……。今度は敵になるので、楽天を叩きつぶしたい」

 突然のトレード通告に涙した渡辺の気持ちも、もうすっかり吹っ切れていた。

 渡辺は今季、楽天では規定打席には届かなかったが115試合に出場して打率は2割6分5厘、本塁打は0、打点も26とレギュラーとしては不満の残る数字だった。星野仙一監督が遊撃手のレギュラーとしてメジャー帰りの松井稼頭央内野手を考えるのは、仕方ないことでもあった。

【次ページ】 “自分で自動待て”が3割5分3厘の高出塁率に結びつく。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜ベイスターズ
渡辺直人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ