濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“ミスターDEEP”長南亮、万感の引退。
最後の闘いに込めたメッセージとは? 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2013/10/26 08:01

“ミスターDEEP”長南亮、万感の引退。最後の闘いに込めたメッセージとは?<Number Web> photograph by Susumu Nagao

PRIDE、UFC、戦極など多くのリングで活躍した長南亮。最後に故郷DEEPに錦を飾って引退した。

引退セレモニーを行わなかった真意とは。

 判定は5-0。ジャッジ全員が長南を支持した。日本に取り戻したベルトは、本人の希望通り、そのまま長南に寄贈されたそうだ。

「これから新しいベルトで、もっとハイレベルな新しい闘いをしてほしい。ホーンバックルが来てもベルトを獲られないくらいになってほしい」

 そう語った長南。試合後にテンカウントゴングなどの引退セレモニーを行なわなかったのも、彼自身のプランだった。

「タイトルマッチだからメインになったけど、自分が主役になりたくなかったんですよ。新しい大会で、オレを食うような選手に出てきてほしかった。これから、若い選手が頑張れるような努力をもっとしていきます」

 彼が常に考えていたのは、自身の花道ではなくあとに続く選手たちの道を作ることだった。引退を決めた理由として「オレたちみたいなベテランがいつまでも居座って、高いファイトマネー取ってちゃいけない」と語ったこともある。

 長南の引退に“一つの時代が終わった”という決まり文句は当てはまらない。彼は最高の引退試合で、新たな時代の幕開けを導いたのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
長南亮
マモル
前田吉朗
白井祐矢
村山暁洋
佐藤豪則

格闘技の前後の記事

ページトップ