SCORE CARDBACK NUMBER

女子格闘技界を牽引した、
藤井惠らしい有終の美。
~負傷判定負けにも悔いはなし~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2013/10/27 08:00

女子格闘技界を牽引した、藤井惠らしい有終の美。~負傷判定負けにも悔いはなし~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

試合後ジェシカと笑顔で抱き合った藤井(右)は、今後も格闘技界に関わることを宣言した。

 彼女らしい幕引きといったら怒られるだろうか。『VTJ3rd』(10月5日・大田区総合体育館)で藤井惠は“宿敵”ジェシカ・アギラーとの引退試合に臨んだが、2ラウンド終了後に負傷判定負けを喫した。ジェシカからサミングを受けて結膜を負傷し、一時的に視力を失う状況に陥ってしまったためだ。試合は2度に渡って中断し、右目の回復を待ったが、短時間で回復するレベルのケガではなかった。

 このラストマッチを迎えるまで藤井のMMA戦績は28戦26勝2敗。昨年3月にはアメリカの格闘技サイトが選出するランキングでパウンド・フォー・パウンド世界1位に輝いた。だが、その2カ月後、米国で2敗目を喫した藤井はその座を奪われてしまう。引きずり下ろしたのは、女優業の傍らフィットネスの一環として始めた格闘技にのめり込んでしまったというジェシカだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 537文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ジェシカ・アギラー
藤井惠

格闘技の前後のコラム

ページトップ