SCORE CARDBACK NUMBER

王貞治会長も太鼓判。
細川は「30本打てる素材」。
~ソフトバンク大型補強の思惑~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/12/14 06:00

王貞治会長も太鼓判。細川は「30本打てる素材」。~ソフトバンク大型補強の思惑~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

秋山幸二監督、小林至取締役と臨んだ入団発表で「目標は全試合出場と日本一」と語った

 今年のFA市場の主役はソフトバンクである。7年ぶりにパ・リーグを制しながら、日本シリーズ進出に失敗したことが補強に動く要因だろう。王貞治会長が主導し着々と選手を獲得している。

 まずはFAの手を上げた西武の細川亨。強肩はお墨付きだし、ここ数年、杉内俊哉、和田毅らが手痛い一発を喰らっている強打者だ。今季は1割9分1厘、8本塁打と低迷したがソフトバンクサイドとすれば、長打力は魅力。4年契約で2億5千万円から8億円という、成績に応じて支払われる額が変動する契約を交わした。

 もう一枠は地元、九州・大分県出身の内川聖一。第2回WBCで、王会長の目の前で見せたスライディングキャッチ、右方向へのチームバッティングの素晴らしさは実証済み。今季は3年連続で3割をマークし、3年連続最下位チームの中でひとり気を吐いた。内川も4年契約総額12億円で契約間近と聞く。この他にも多村仁志が4年契約総額8億円、さらにソフトバンク戦で4割5厘、9本塁打をマークしたオリックスの主砲、カブレラも2年8億円で狙っているという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 480文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

外国人監督が語る日本サッカー論ニッポン再考。

関連記事

細川亨
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ