SCORE CARDBACK NUMBER

若手選手たちが持つ、
金メダル以上の価値。
~サッカーアジア大会Vを再考する~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byNoriko Hayakusa

posted2010/12/12 08:00

若手選手たちが持つ、金メダル以上の価値。~サッカーアジア大会Vを再考する~<Number Web> photograph by Noriko Hayakusa

UAEとの決勝でゴールを決め、日本の初優勝に貢献した實藤友紀。来年から川崎へ入団

 恥ずかしながら、当時は単なる消化試合程度にしか考えていなかった。だが、その後の日本のサッカーにとって、実は、あれはかなりエポックメイキングな出来事だったのではないだろうか。そんなことを思う試合がある。

 北京五輪アジア2次予選。それまで5戦全勝で、すでに最終予選進出を決めていた日本は、マレーシアとの最終戦で、直前の香港戦から先発メンバー10人を入れ替えた。有り体に言えば、セカンドチームを送り出したわけである。

 主力を休ませたかっただけ。そんな冷めた見方もあった。だが、当時のU-22代表監督だった反町康治は、従来のメンバーで戦い続けることの限界も感じており、最終予選へ向けての新戦力発掘は当然の目的としても、同時に、こんな狙いがあったと明かす。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

反町康治

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ