SCORE CARDBACK NUMBER

肉体改造のパッキアオ、
6階級制覇の驚異的成長。
~50.8kgから69.85kgへ~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/12/05 08:00

肉体改造のパッキアオ、6階級制覇の驚異的成長。~50.8kgから69.85kgへ~<Number Web> photograph by Getty Images

増量すること約15kg。持ち前のスピードはそのままに肉体はひと回り大きく成長している

 ボクサー=減量というステレオタイプの連想はもう古いと痛感するのは、マニー・パッキアオの「増量の驚異」を目の当たりにするときである。

 去る11月13日、パッキアオは米テキサス州アーリントンの4万超の大観客の前で、メキシコのタフガイ、アントニオ・マルガリート相手に自身が認めた「最もきつい試合」を戦い、12回大差判定勝ちでWBC世界スーパーウェルター級王座に就いた。これで6階級目の世界獲得となり、デラホーヤの持つ最多記録に並んだというのが日本メディアの解釈だが、パッキアオの地元フィリピンや米国ではマイナー団体の認定も含め「8階級」と報じた。どちらが正しいか議論する余裕はないが、いずれにしてもパッキアオの偉大さは変わらない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 617文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年特別編集欧州サッカー回顧録伝説はいかにして創られたのか。

関連記事

マニー・パッキャオ

ボクシングの前後の記事

ページトップ