NumberEYESBACK NUMBER

「7年」の間に要求される
安心、快適、昭和への決別。
~東京五輪開催への課題とは?~ 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/09/25 06:00

「7年」の間に要求される安心、快適、昭和への決別。~東京五輪開催への課題とは?~<Number Web> photograph by KYODO

開催決定後、調印式で笑顔を見せる安倍総理(右)とIOCロゲ会長。

 7年。東京五輪開催までの時間を長いと見るか、短いと見るかはそれぞれの立場によって違う。

 来年2月には組織委員会が発足する予定だが、IOC総会を受け、政府は「国際公約」となった汚染水をはじめとした放射能問題の処理、そしてホストシティ東京は会場等の整備が急務となる。

 安倍総理は汚染水問題について「コントロール下にある」とし、IOC委員からの質問については「完全にブロックされている」と回答した。これを受けて東京電力の担当者は9月9日、「状況を安定させたい」としながら、政府に真意を照会したことを明らかにするなど、食い違いを見せている。公約となった以上、一日も早い解決が望まれる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ