Number Do MoreBACK NUMBER

<わたしの愛する山遊び> 探して、採って、食べる きのこ ~「ペンションきのこ」オーナー小宮山勝司が採る~ 

text by

NumberDo編集部

NumberDo編集部Number Do

PROFILE

photograph byKatsuji Komiyama

posted2013/09/24 06:00

<わたしの愛する山遊び> 探して、採って、食べる きのこ ~「ペンションきのこ」オーナー小宮山勝司が採る~<Number Web> photograph by Katsuji Komiyama

きのこ採りをすると、山登りの時に新たな発見が!

 だから「こんな大きなホンシメジだよ」とか「こんな珍しいのがとれた」って、家族や仲間内で自慢するのが、きのこ採りの一番の楽しみかもしれませんね。ちなみに私が出会ってみたいのがユキワリ。春の北海道でしか採れなくて、まだ生で見たことがないんです。

 きのこ採りに行った経験があると、山を歩くときの視線が変わるんですよ。単に眺望や自分の足下を見るだけじゃなくて、道端の岩場や木の根元にも目がいくようになる。そうすると、きのこだけじゃなく、これまでは眼に入ってこなかった花や虫、苔などがパッと飛び込んでくるようになります。

 たまに、山頂に着いた途端に「次はどこに登ろうか」なんて話をしている人がいるけど、私に言わせてもらうと、そんなふうにピークハントだけで満足しちゃうのは山の遊び方としてはもったいない。きのこを採れとは言いませんが、いま自分がいる山にある植物や動物、そして気候の変化に目を向けると、山の楽しみ方はずっと広がりますよ。

あの山はもっと遊べる!~日本百名山を再発見~

関連記事

BACK 1 2
小宮山勝司

他競技の前後の記事

ページトップ