SCORE CARDBACK NUMBER

独走態勢を築いたベッテル、
V4へのカウントダウン。
~イタリアGP快勝で見せた地力~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/09/20 06:00

独走態勢を築いたベッテル、V4へのカウントダウン。~イタリアGP快勝で見せた地力~<Number Web> photograph by AFLO

「生ける伝説」と称されるA・ニューウェイ技術監督と勝利の美酒に酔うベッテル(左)。

 決戦となったイタリアGPでS・ベッテルが2位のF・アロンソを5.467秒差で退け、222点とさらにリードを広げた。ベッテルは今季12戦6勝と勝率5割のハイペースで、ライバル勢を突き放し、V4に向けさらに加速した。

 53点差のアロンソは、残り7戦を仮に全勝しても、ベッテルが2位で続いてきたら逆転できない。自力Vは困難で、相手のリタイアや下位転落を期待するほかなくなった。勝負師アロンソはまだ完全に諦めてはいないが、レッドブル・ルノーを抜き去るだけの戦力がフェラーリにはないと言わざるを得ない。

 フェラーリは、モンツァでの母国戦を前に、空力性能の改善を行なっている。しかし、中盤戦で先行されたメルセデスやロータスは抜いたものの、大敵を捕らえるまでには至らなかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

セバスチャン・ベッテル
レッドブル
エイドリアン・ニューウェイ
フェルナンド・アロンソ
マーク・ウェバー
フェラーリ

F1の前後のコラム

ページトップ