SCORE CARDBACK NUMBER

U-19敗退で覚醒するか、
宇佐美貴史の稀有な才能。
~U-20W杯連続不出場の中の光明~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byShinji Akagi

posted2010/11/15 06:00

U-19敗退で覚醒するか、宇佐美貴史の稀有な才能。~U-20W杯連続不出場の中の光明~<Number Web> photograph by Shinji Akagi

2点を先取するも立て続けに失点し、敗れた韓国戦。宇佐美のシュートはゴールに届かず

 ザッケローニ率いる新生・日本代表の船出の陰で、U-19代表がアジアU-19において、2大会連続でU-20ワールドカップ出場を逃した。痛恨事には間違いないが、そんななか、わずかな光明となったのが、宇佐美貴史の存在ではなかっただろうか。

 まず、宇佐美が示したのは、優れたストライカーとしての可能性である。

 ゴールへ向かう姿勢、ゴール前での落ち着き、シュート技術と、どれを取っても頭抜けていた。「J1でやってるのが生きてる。(相手の)プレースピードが遅く感じますね」という発言も、決して不遜には聞こえなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 626文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ベースボールファイナル2010~日本シリーズ完全詳報~

関連記事

宇佐美貴史

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ