SCORE CARDBACK NUMBER

自伝執筆のピケに届いた
英国の恩師からの助言。
~老将と若きスペイン代表の絆~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byShin Toyofuku

posted2010/11/07 08:00

自伝執筆のピケに届いた英国の恩師からの助言。~老将と若きスペイン代表の絆~<Number Web> photograph by Shin Toyofuku

23歳の若さで自伝を出版したピケ。その印税はユニセフなどの慈善団体に寄付するという

 今春にバルセロナで刊行され、話題になっている一冊の本がある。

『Gerard Piqué, Viatge d'anada i tornada』

 バルセロナとスペイン代表のセンターバック、ジェラール・ピケの自伝だ。

 カタルーニャ語とスペイン語で同時出版された同書は、現在バルセロナ市内のどの書店を巡ってもスポーツコーナーの目立つ場所に置かれており、版元によると売れ行きも好調だという。

 話題になっている理由の一つが、同書がピケ自身の手で書かれたものであるということだ。 通常、サッカー選手や監督の自伝は、プロの書き手が本人に話を聞き代筆することが多い。しかし同書はピケの意向で、彼自らがペンをとり執筆したそうだ。本人の手で直接綴られているだけに、その内容も生き生きとしている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 550文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

越境最前線。~世界から見た日本人の価値~

関連記事

ジェラール・ピケ
アレックス・ファーガソン
バルセロナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ