青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

挑戦者から迎え撃つ立場へ──。
石川遼が松山英樹に見せた闘志。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/10/28 10:30

挑戦者から迎え撃つ立場へ──。石川遼が松山英樹に見せた闘志。<Number Web> photograph by KYODO

初日にはお互いに3アンダーで仲良くホールアウトした石川遼と松山英樹だったが……。日本オープンというメジャー大会だからこそ、余計に石川も闘志をかき立てられたはずだ

アマチュアの同世代に負ける悔しさで苛立ちが頂点に。

 しかし、2日目が終わると表情は一変した。好プレーを続けて3位に浮上した松山に対し、後半にスコアを落とした石川は3打差をつけられて5位に後退してしまった。自身のプレーへの落胆もあったのだろうが、会見では終始うつむき加減で、背中から立ちのぼる悔しさと燃えさかる闘志まで目に見えるようだった。

 とはいえ、当然のように前日と同じ質問が振られる。石川は松山の印象を口にする前にこう前置きした。

「昨日とまったく同じ心境です。僕が彼について話しても、今日と昨日の新聞がまったく同じになっちゃうんで意味ないと思うけど……」

 メディアに対する“優しい”気遣いに会見場には笑いも起こったが、その言葉には質問を拒絶するようなツンツンとしたトゲが立っていた。

 相手は同い年で、しかもアマチュア。自分は一足先にプロになって賞金王という看板も背負っている。同世代でも池田勇太や薗田峻輔といった年上の選手に負けるのとは違う悔しさがあって当然である。石川の関係者も「今シーズン一番の機嫌の悪さだったかもしれないね」と言うほどのイライラぶりだった。

 その後も挑戦者の立場で伸び伸びとプレーした松山は、アマチュアでは93年の片山晋呉以来となる3位の好成績を収めた。2日目を終えた時に「彼との差も意識しながら、最終日にお互い上位でプレーできるように僕も頑張らないといけない」と話していた石川は、追い上げを見せられないまま8位に終わった。

ライバルへの対抗心をむき出しにした石川の姿を見たい!

 今回はあくまでもイレギュラーなものだったが、将来的には石川が迎え撃つ立場に置かれる機会は増えていくことだろう。

「自分の場合はスコアにこだわったり、成績を意識すると、それ以前の問題が生まれてきてしまう。周りの選手のスコアとか、練習してきた自分の自信と結果のギャップであったり、スコアを意識させられる要素はたくさんある。それをどうやって解決して、何事もなかったようにバーディーを取っていくか。それがこれからの自分の大きな挑戦」

 負けたくない。その気持ちを巧みにコントロールして自分のゴルフに徹するのも1つの方法である。相手をのみこむ勢いで攻め込んでみるのもいいかもしれない。個人的な心情でいえば、我関せずと決め込むのではなく、今回垣間見えた対抗心をむき出しにする闘志溢れる石川ももっと見てみたいのである。

関連記事

BACK 1 2
石川遼
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ