SCORE CARDBACK NUMBER

八百長疑惑も飛び出した
アンデウソンのUFC敗戦。
~最強のブラジル人格闘家に何が?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/07/29 06:00

八百長疑惑も飛び出したアンデウソンのUFC敗戦。~最強のブラジル人格闘家に何が?~<Number Web> photograph by AFLO

アンデウソンは2006年1月、岡見勇信に反則負けをして以来、7年6カ月ぶりに黒星を喫した。

 パウンド・フォー・パウンドでUFC最強の呼び声の高かったアンデウソン・シウバがまさかの敗北を喫した。

「UFC162」(7月6日・ラスベガス)でクリス・ワイドマンを挑戦者に迎えてのミドル級王座11度目の防衛戦。2R、アンデウソンがノーガードで「打ってこいよ」と挑発した刹那、左ストレートからのパウンドを2発食らい、レフェリーに試合を止められてしまったのだ。

 これでアンデウソンの連勝は17でストップ。さらに生涯初のKO負けという辛酸を嘗めさせられた。かといって、アンラッキーな敗北ではない。振り返ってみれば、負けるべくして負けた一戦だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

アンデウソン・シウバ
クリス・ワイドマン
ダナ・ホワイト

格闘技の前後のコラム

ページトップ