SCORE CARDBACK NUMBER

錦織圭が陥った、心技体の悪循環。
~ウィンブルドン3回戦敗退の原因~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2013/07/15 08:00

錦織圭が陥った、心技体の悪循環。~ウィンブルドン3回戦敗退の原因~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

棄権者が続出した今大会で錦織本人も「リタイアを考えた」と苦しい胸のうちを明かした。

 ウィンブルドンで錦織圭は3回戦敗退に終わった。四大大会では自己最高の第12シードがついたが、第23シードのセッピに逆転で敗れた。

 敗因の一つはフォアのストロークの不調だろう。1、2回戦の錦織は低い姿勢で忍者のように打点に入り、足裏で芝をしっかり踏みしめてラケットを振った。地面から力をもらう、理想的な打球フォームだった。ところが3回戦では腰高な姿勢が目立った。ラケットですくい上げるだけで、ボールを押し込めない。手打ちのショットは不安定で、ミスが増えた。最大の武器であるフォアがこの試合では弱点となり、そこを相手につかれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 633文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ