SCORE CARDBACK NUMBER

錦織圭を戸惑わせた
全仏特有の大ブーイング。
~観戦者の身勝手な「意思表明」~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2013/06/16 08:00

錦織圭を戸惑わせた全仏特有の大ブーイング。~観戦者の身勝手な「意思表明」~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

チェンジエンドでベンチに戻ってからも主審に抗議するペア(中央奥)と休憩する錦織(左)。

 耳がおかしくなりそうな指笛の響き、何とも不快なブーイングだった。

 ブノワ・ペアとの全仏3回戦で、錦織圭はテニス人生初とも言える大ブーイングを浴びた。正確には主審への異議だったが、観客は地元フランス選手に肩入れし、錦織は完全アウェー状態となった。

 非はペアにある。プレーの合間にコーチの助言を受けたとして主審はペナルティの失点を宣告。これにペアは猛抗議、観客も後押しした。錦織が構えに入っても騒ぎが静まる気配はない。動作を中断した錦織は苦笑いを浮かべた。「ここまで騒がれるのは初めてだった」と錦織。選手が構えれば静粛を保つのが観戦マナーであり、錦織がプレーを妨害される理由はない。しかし全仏の観客は時々この身勝手な「意思表明」をやるのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

さあ、ブラジルだ。~2014W杯出場決定&コンフェデ総力特集~

関連記事

錦織圭
セリーナ・ウィリアムズ
ジュスティーヌ・エナン
ブノワ・ペア

テニスの前後の記事

ページトップ