SCORE CARDBACK NUMBER

“史上最速の鈴鹿”は
今シーズンで見納めか。
~カギは中高速セクターにあり~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2010/10/06 06:00

“史上最速の鈴鹿”は今シーズンで見納めか。~カギは中高速セクターにあり~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

コースレコードを更新して鈴鹿を制するのは、前回覇者レッドブルのベッテルか、それとも?

 鈴鹿からコーナーが消えつつある。基本レイアウトに変更はないのだが、F1サーキットという観点で見たとき、すでに「130R」はイージーフラットで行ける名前だけのコーナーに変わった。テクニカルセクションのS字も、今やその入口は2コーナーを立ち上がってからシフトアップし全開のまま進入、ブレーキングもアクセルコントロールもしない。それだけS字のコーナリング速度が上昇しているのだ。

 現在のコースレコードは、'06年の予選Q2、M・シューマッハーがフェラーリで記録した1分28秒954(平均235.011km/h)。昨年完全優勝したS・ベッテルのQ2ベストは1分30秒341で更新とはならなかったが、理由は金曜日に降った雨で路面グリップが上がらなかったためである。今年の日本GPがノーマルコンディションで進めば、4年ぶりのニューレコードラッシュとなる可能性は非常に高い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 541文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

そうだったのか! 欧州サッカー。

Sports Graphic Number 763

そうだったのか! 欧州サッカー。

 

関連記事

F1の前後の記事

ページトップ