Number PLUS SpecialBACK NUMBER

<独占ロングインタビュー> 松井秀喜 「僕が最後まで大切にしたこと」 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/06/20 06:02

<独占ロングインタビュー> 松井秀喜 「僕が最後まで大切にしたこと」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki
幸福な野球人生でした――。東京ドームでの引退式から4週間後、
今も暮らすニューヨークで、松井秀喜は何度もそう繰り返した。
伝説の5敬遠に始まり、日本一の打者に成長してメジャーに旅立った。
苦闘の末、念願の世界一とMVPに輝き、半年前に幕を引いた野球人生。
その真実とこれからを、2時間半に渡って、真摯に語り尽くした。

本日発売のNumber PLUS「完全保存版 松井秀喜」より、昨年末の
引退発表後、雑誌メディアでは初となるロングインタビューを特別に
公開します。

 2012年12月28日(米国時間27日)、松井秀喜は20年間の現役生活に終止符を打ち、バットを置くことを発表した。

「僕のいいプレーを期待してくれている方々に、本当に(命懸けのプレーを)お見せできるかどうか疑問だった」

 涙もなく、淡々と言い切った引退会見での言葉。しかし、むしろその乾いた言葉の中にこそ、日米で20年間、常にチームの中心選手として活躍してきた松井の矜持と、最後の決断の重さが込められているように思えた。

 今回の2時間半に渡るロングインタビューの目的は、その20年間で野球人・松井秀喜が追い求めた野球の真実に迫ることだった。話はまず、引退を決意した時の、本当の気持ちを聞くことから始まった。

――引退を具体的に考え始めたのは?

「徐々にですね。レイズを解雇されて('12年8月)、ニューヨークに戻ってきた当初は『少しずつ来年の準備をしようかな』ぐらいの気持ちだったんです。それがだんだん『どうなんだろうな』という気持ちになってきて……」

こちらは雑誌『Number PLUS』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 10926文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>松井秀喜 1993-2012

Sports Graphic Number PLUS July 2013

<完全保存版>
松井秀喜 1993-2012

 

松井秀喜
ニューヨーク・ヤンキース

MLBの前後の記事

ページトップ