Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<フリースタイルモトクロス天下統一決戦> 東野貴行が日本人初優勝の快挙 ~RED BULL X-FIGHTERS OSAKA 2013 REPORT~ 

text by

梶野仁司

梶野仁司Hitoshi Kajino

PROFILE

photograph byJason Halayko, Predrag Vuckovic, Sebastian Marko/Red Bull Content Pool

posted2013/06/20 06:01

<フリースタイルモトクロス天下統一決戦> 東野貴行が日本人初優勝の快挙 ~RED BULL X-FIGHTERS OSAKA 2013 REPORT~<Number Web> photograph by Jason Halayko, Predrag Vuckovic, Sebastian Marko/Red Bull Content Pool

大坂夏の陣ファイナルは東野貴行対トム・パジェス。

多彩な技を繰り出すトム・パジェス。 

 重力を無視したトリックのオンパレード。その中でもひときわ輝いていたのは、ここまで総合ランキング首位のトム・パジェスだ。

 スタートと同時に540フレアインディ、ボルト、スペシャルフリップと、惜しみなく次から次へ異次元のトリックを連発し、会場は割れるような大歓声に。トムもまた、東野と同様、亡き佐藤を兄のように慕っていたこともあり、この大会にかける想いは特別なものだった。準々決勝からその勢いのまま強敵に競り勝ち、決勝戦へと駒を進め、大阪夏の陣ファイナルは東野貴行対トム・パジェスという日本初開催にふさわしい対決になった。

後方宙返り中にバイクから体が一瞬完全に離れるロックソリッド・バックフリップ。世界でただ一人、東野にしか出来ない技だ。 

 たがいに佐藤を慕う2人のファイナル。少なからず佐藤が導いた運命を感じた。技のデパートのトムか、ハンマートリックの東野か。決勝の幕が切って落とされた。トムは準決勝までと同様ノーミスの完璧なランを披露。一方、東野は最後に持ち技でない360にトライする仰天の展開。着地こそ失敗したが、最後まで攻めのスタイルを貫いた。結果は3-2で東野の勝利。見事日本人初優勝に輝いた。お互い死力を尽くしたランはRed Bull X-Fightersのベストバウトとして後世に語り継がれるだろう。

夢見心地のまま、なかなか家路に就こうとはしない11,000人の観客。

地元開催で実現させた日本人初勝利に喜びを爆発させる東野(中央)。 

 歴史的な勝利を収めた東野はトムのランを讃えながらも、自分に攻める気持ちがあったことが嬉しいと目を細めた。FMXは相手を倒すためだけの競技ではなく、自分の限界に挑戦し自分に勝つことだ、とライダー達は口を揃える。だからこそ限界を超えたアクションに人は声を上げ、拳を突き上げる。

 大阪城という舞台で乱舞したライダー達に酔いしれた11,000人の観客は夢見心地のまま、なかなか家路に就こうとはしなかった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レッドブル
東野貴行
トム・パジェス
佐藤英吾
鈴木大助
ダニー・トーレス
リーバイ・シャーウッド
ビエル・ビレガス
ロブ・アデルバーグ

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ