SCORE CARDBACK NUMBER

伝説のライダーが呼んだ、
久しぶりの8耐の熱狂。
~49歳シュワンツ、21年ぶりの雄姿~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2013/08/14 08:00

伝説のライダーが呼んだ、久しぶりの8耐の熱狂。~49歳シュワンツ、21年ぶりの雄姿~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

シュワンツのビッグネームが成功の要因だが、それを支えたのは加賀山の無償の情熱だった。

 1993年のWGP500cc王者で、引退したいまも伝説のライダーとして人気の高いケビン・シュワンツが、7月28日に開催された鈴鹿8時間耐久レースに出場した。

 WGPではスズキのエース、8耐ではヨシムラ・スズキのエースだったシュワンツは49歳での復活ラン。'95年に引退して18年、8耐に限れば'92年以来21年ぶりの雄姿だった。

 エントリーした「チームカガヤマ」は、現在、全日本を戦う加賀山就臣が一昨年スタートさせたチーム。決勝レースでは加賀山のWGPやスーパーバイクへの参戦経験を活かし、8耐の強豪と互角に渡り合い、見事3位表彰台に立った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

加賀山就臣
ケビン・シュワンツ
芳賀紀行

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ