NumberEYESBACK NUMBER

混セを一層熱くする、
3強の微妙な「お家事情」。
~中日が持つアドバンテージとは?~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/09/07 06:00

混セを一層熱くする、3強の微妙な「お家事情」。~中日が持つアドバンテージとは?~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

4年ぶりのリーグ制覇を狙う落合監督。最後は竜が笑うのか

 シーズンが残り1カ月を切ってもセ・リーグのペナントレースは巨人、阪神、中日がミクロで競り合う熾烈な展開が続いている。

 おそらく最後の最後までこの3チームの混戦は続き、クライマックスシリーズ(CS)への出場権まで広げれば、ヤクルトを含めた四つ巴の戦いは必至の情勢となっている。

「優勝とは1年間、戦って争うもの。ペナントレースの勝者こそ本当の勝者であり、優勝の重みはそこにある」

 中日・落合博満監督は常々、こう語っている。もちろん巨人・原辰徳監督や阪神の真弓明信監督も、今は頭の中には「優勝」の二文字しかないはずだ。ただ、その先に控えるCSと日本一という視点で考えると、巨人、阪神と中日には微妙に異なる事情が浮かび上がってくる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

読売ジャイアンツ
阪神タイガース
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ