NumberEYESBACK NUMBER

ノリと谷繁。苦労人が刻んだ、
“2000本”という偉業。
~プロに生き残った執念の結晶~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/05/31 06:00

ノリと谷繁。苦労人が刻んだ、“2000本”という偉業。~プロに生き残った執念の結晶~<Number Web> photograph by KYODO

中日戦で谷繁に祝福された中村は「お先に失礼します」と答えた。

 22年目の中村紀洋と25年目の谷繁元信が2000本安打を達成した。両ベテランが歩んだ道のりは、華やかなスポットライトばかりを浴び続けるものではなかった。

 中村は“公立高校の星”渋谷高から'92年にドラフト4位で近鉄に入団。駆け出し時代に出会った水谷実雄打撃コーチから“お前が20本塁打を打つまで俺は外出しない。お前も外出はダメだ”と言われ、連日、バットを振り続けた。血マメがつぶれ、痛くて手袋を脱げず、バットを握って眠った夜もあった。「バットを振れば新たな道が拓ける」という信念を貫き、日米6球団を渡り歩いてきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1124文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

本田圭佑は3度、甦る。~欧州に生きる '12-'13 Final~
中村紀洋
横浜DeNAベイスターズ
谷繁元信
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ