Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<モスクワ直撃取材> 本田圭佑 「革命児の美学」 ~ついに明かした“W杯を語らない理由”~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2010/08/26 06:01

<モスクワ直撃取材> 本田圭佑 「革命児の美学」 ~ついに明かした“W杯を語らない理由”~<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

本田が追求する理想の選手像とサッカー哲学。

――じゃあ、わかりやすくいえば、どんなタイプを目指している?

「うーん……強いて言ったら、目指しているわけじゃないけど、トッティとか。あと、ベルバトフ。2人ともタイミング、駆け引き、逆を突く動きが抜群にいい」

――わかりやすくいえば、「一番前にいる王様」ってことだね。

「そういう意味で、数字がすべて。点取った奴が一番偉くて、まわりが点取った奴のためにサポートするし、ディフェンスもする。悪い言い方をしたら、オレは今のサッカー界にあんまり求められてないような選手かもしれないね。でも、この現代サッカーというのを理解したうえで、そういう存在でありたいと思っているから。勝たないうちは認められないけど、勝ったときに正解と言えるようなものを、長い時間かけて築いていきたい」

――自分のサッカー哲学を作ろうという思いが、どっかにある?

「そう。だから、探している部分もあるよね。もっと追求していける、新しいものを作れるんじゃないかっていうふうに思っている。そもそもオレの特徴を考えれば、チャビやイニエスタを目指した方がいいタイプなの。それはわかっているけど、オレみたいなやつが、メッシやクリスチャーノ・ロナウドを目指してもいいんじゃない? と思っている」

(続きは Number760号、もしくはNumberモバイルで)

日本サッカーの未来を語る。

Sports Graphic Number 760

日本サッカーの未来を語る。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

本田圭佑
CSKAモスクワ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ