Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<J開幕20年、名実況が紡いだ歴史> アナウンサー山本浩の回想 「日本サッカー、幼年期の終わり」 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/05/15 06:00

<J開幕20年、名実況が紡いだ歴史> アナウンサー山本浩の回想 「日本サッカー、幼年期の終わり」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

Jリーグ開幕戦 ヴェルディ川崎vs.横浜マリノス】「声は大地から沸き上がっています。新しい時代の到来を求める声です。すべての人を魅了する夢、Jリーグ。夢を紡ぐ男たちは揃いました。今、そこに、開幕の足音が聞こえます。1993年5月15日。ヴェルディ川崎 対 横浜マリノス。宿命の対決で幕は上がりました」

誰もが空腹の時代だったから、実況者の言葉が届いた。

 おそらく、実況者が自分の感情を素直に受け入れて発するからこそ、その言葉は多くの人の心に響くのだろう。それを知ってか知らずか、山本は事前に言葉を準備しない。現場に落ちている素材を拾って、それを丁寧につなぎ合わせるだけ。思えば何もかもが真新しく感じた'90年代、現場のあちこちに落ちている素材は質も量も充分だった。

「私の言葉が視聴者の皆さんに届いたとすれば、それはきっと、誰もが空腹の時代だったからでしょうね。胃袋にゆとりがあったんですよ。たとえ美味しくなくても、愛していれば食える。新婚時代のカミさんの料理みたいにね(笑)。もちろん、私も空腹でした。日本代表の勝利に飢えていましたから」

 あれから10年以上が経過した今、空腹が満たされた我々は、おそらくもうあの種の感動や興奮を味わうことはないのかもしれない。実況者として、そこに寂しさやもの足りなさを感じることはないのだろうか。

 一拍置いて、山本は表情を緩めた。

「そうですねえ……寂しさはない……ですねえ。劇的に負けるよりも、やっぱり勝つほうがいいでしょう(笑)」

追憶の90's

Sports Graphic Number 824・825

追憶の90's

 

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ハンス・オフト
東京ヴェルディ
横浜F・マリノス
山本浩

Jリーグの前後の記事

ページトップ