フットボール“新語録”BACK NUMBER

カタールW杯の影響がJリーグにも!?
欧州サッカー“春秋制”移行論の真相。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/05/03 08:01

カタールW杯の影響がJリーグにも!?欧州サッカー“春秋制”移行論の真相。<Number Web> photograph by Getty Images

現役時代はバイエルン・ミュンヘンやレアル・マドリーで主に左サイドバックとして活躍したパウル・ブライトナー。1974年西ドイツW杯で優勝を経験、1982年スペインW杯では主将としてチームを準優勝へと導いた。

欧州に倣って“秋春制”を検討中のJリーグはどうなる!?

 ブライトナーの話をまとめると、シーズン制の移行については、ドイツやフランスなどが理解を示している一方で、イタリアやスペインなどの南ヨーロッパ、および南米は反対しているということだ。

 そして残念ながら、日本はこの議論に出遅れている。

 というのもJリーグは「ヨーロッパのカレンダーに合わせる」という理由で、“春開幕”から“秋開幕”への移行を議論し始めたところだったからだ。ところが逆にヨーロッパの方が変わる可能性が生まれてしまい、彼らが結論を出すまで動きようがなくなってしまったのだ。

 ひとつ覚えておくべきことは、プラティニはカタールのW杯開催権買収に関与したのではないかという報道が出るほどカタールとの縁が深く、バイエルンはカタールから招待されてドーハで冬の合宿を行なっているということだ。カタールの働きかけによって、賛同者はさらに増える可能性もある。

 はたしてカタールW杯は冬開催になるのか? それに合わせてヨーロッパのシーズン制も変わるのか? 当分、日本は振り回されそうである。

関連記事

BACK 1 2 3
パウル・ブライトナー
バイエルン
カタールW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ