F1ピットストップBACK NUMBER

F1で日本人エンジニアのバトルが!
松崎淳と小松礼雄の頭脳戦を覗く。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/05/07 10:30

F1で日本人エンジニアのバトルが!松崎淳と小松礼雄の頭脳戦を覗く。<Number Web> photograph by Getty Images

バーレーンGPの決勝レース。前を行くフォース・インディアのディ・レスタと、それを追うロータスのロマン・グロージャン。

予想外のアクシデントと冷静な判断が順位を分けた。

「向こうはハードで、こちらはミディアムのニュータイヤ。だから、焦る必要はなかった」という小松は、ディ・レスタを射程圏内にとらえてからはじめて、ゴーサインを出し、同時にミクスチャーを変えてエンジンのパワーを上げさせた。残り6周でディ・レスタをオーバーテイクして3番手に浮上すると、その後はディ・レスタとの間隔を確認しながら、タイヤを労るよう指示。今季初の表彰台を手にした。

「ロマンには去年の終盤とは違ったプレッシャーがあったと思います。去年のベルギーGP以降はぶつけてはいけないというプレッシャー。でも、いまはそれに加えて結果を残さなくてはならないプレッシャーがある。しかも、今回は予選で失敗し、レースでもスタート直後に不運があった。それを乗り越えて表彰台に上がったこの3位は大きな意味を持つ」

 F1はドライバーの戦いであると同時に、チームの戦いでもある。ドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権があるのは、そのためだ。ドライバーラインアップから日本人は姿を消したが、F1で戦う日本人はまだまだいる。彼らの戦いにも、注目していきたい。

関連記事

BACK 1 2 3
松崎淳
小松礼雄
フォース・インディア
ブリヂストン
ポール・ディ・レスタ
キミ・ライコネン
ロマン・グロージャン

F1の前後の記事

ページトップ