SCORE CARDBACK NUMBER

右肩下がりのテニス人口。
普及のカギは「10歳未満」。
~我が子を第2の錦織圭に!~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2013/04/17 06:00

右肩下がりのテニス人口。普及のカギは「10歳未満」。~我が子を第2の錦織圭に!~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

国際テニス連盟推奨のスタートプログラム「PLAY+STAY」でテニスに親しむ子供達。

 テニス難民なる言葉がある。通っていたクラブが閉鎖となり、プレーの機会が激減した愛好者を指す。難民が増えたのは2000年頃から。固定資産税や地代が経営を圧迫し、閉鎖に追い込まれるクラブが増えたのだ。相続税を納めるために土地を処分し、存続できなくなるクラブも多かったと聞く。

 コートの減少傾向は今も続く。このほど日本テニス協会がまとめた「テニス人口等環境実態調査」によると、'96年から'08年までの13年間で、テニスコートの面数は約4分の3に減少した。また、テニス人口自体、大きく減っているという。〈過去1年間に1回以上テニスを行なった10歳以上の人口〉は10年前の423万人から373万人に減少した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 624文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

テニスの前後のコラム

ページトップ