SCORE CARDBACK NUMBER

荒れ模様のクラシック戦線。
キーワードは“親孝行”?
~不遇をかこつ種牡馬の産駒に注目~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2013/04/06 08:00

荒れ模様のクラシック戦線。キーワードは“親孝行”?~不遇をかこつ種牡馬の産駒に注目~<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

スプリングSを完勝したロゴタイプ。C・デムーロ騎手は「イージーウィン」とコメントした。

 新馬、札幌2歳S、東スポ杯2歳Sと、有無を言わさぬ3連勝。子供の競走に古馬が一頭だけまじっているかのようなコディーノ(牡3歳、美浦・藤澤和雄厩舎、父キングカメハメハ)の完璧な走りは、今年のクラシック戦線の中心となる存在感を発揮していた。ところが、朝日杯FSで負けて2歳の年度代表馬を逸したことでにわかに疑問符がつき、先日の弥生賞の3着敗退で完全に下界に降ろされてしまった。大きく負けたわけではなく、依然として有力な候補ではあるが、クラシックの混沌はコディーノの成長力不足によるところが大きい。

 入れ代わりに主役の座に躍り出たのは、朝日杯FSで単勝130円のコディーノを競り負かしたロゴタイプ(牡3歳、美浦・田中剛厩舎、父ローエングリン)だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 601文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

コディーノ
ロゴタイプ
クラウンロゼ
カミノタサハラ

競馬の前後のコラム

ページトップ