SCORE CARDBACK NUMBER

日本のリングで続く、
アップセットの魅力。
~新鋭ボクサーを食う“咬ませ”~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2013/03/30 08:00

日本のリングで続く、アップセットの魅力。~新鋭ボクサーを食う“咬ませ”~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

デビュー以来の連続KO「12」が歴代3位タイの土屋(左)は、接近戦で川瀬の連打を浴びた。

 プロボクシングはある面「予定調和」のスポーツで、事前の予想通りの結果となることが多い。だが、時に“咬ませ”のつもりで呼んだ相手に、ホープが逆に食われるという結果になることもある。もちろんこれもボクシングの醍醐味のひとつで、それがなければ試合を見る者などいなくなってしまうだろう。

 前置きが長くなったが、最近日本のリングは番狂わせが続いている。

 2月25日、後楽園ホール。キックから転向して14連勝12KOをマークしていた注目の新鋭・土屋修平の試合は、名古屋から呼んだ古参・川瀬昭二を初回にダウンさせKOは時間の問題という、まさに予想通りの展開。しかし強引に倒しに行って仕留め切れず、逆に手負いの川瀬の的確な左リードからの反撃打を浴びダメージを蓄積。終盤9回にメッタ打ちされまさかのTKO負けとなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 577文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

WBC 侍ジャパンの「天国と地獄」。

Sports Graphic Number 2013/3/30臨時増刊

WBC 侍ジャパンの「天国と地獄」。

 

関連記事

土屋修平
川瀬昭二
小國以載
和氣慎吾

ボクシングの前後の記事

ページトップ