SCORE CARDBACK NUMBER

王者格差時代に求められる
「希少価値」と「付加価値」。
~IBF、WBO加盟で拍車がかかる!?~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2013/02/26 06:00

王者格差時代に求められる「希少価値」と「付加価値」。~IBF、WBO加盟で拍車がかかる!?~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

2度目の防衛戦で赤穂を破った佐藤洋太(左)。次戦は春にタイ人選手の挑戦を受ける予定だ。

 昔はどの階級の世界チャンピオンが誰であるかを知らないのは、ボクシング専門誌の記者にとって恥ずべきことだった。しかし、今では全部を諳んじている方が稀といっていいだろう。記者も覚えきれないほど、世界チャンピオンの人数が増えたからである。

 階級が細分化され、認定団体が増え、倍々ゲームで王者の数は膨れ上がった。さらに最近は同一団体同一階級に正規王者の他に、暫定王者やらスーパー王者、休養王者までいる。マイナー団体も含めればその数は100近い。しかもこれがしょっちゅう変わるのだから、記憶している暇もないというわけだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 654文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州に生きる2013~ビッグクラブの壁を突破せよ~

関連記事

佐藤洋太
徳山昌守
河野公平

ボクシングの前後の記事

ページトップ