南ア・ワールドカップ通信BACK NUMBER

最強の敵に最高の内容で勝つ!
スペイン・サッカー、満開の夜。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byFIFA via Getty Images

posted2010/07/08 11:10

最強の敵に最高の内容で勝つ!スペイン・サッカー、満開の夜。<Number Web> photograph by FIFA via Getty Images

エジルを起点にドイツが得点機を作ったのだが……。

 69分、左に流れたエジルからもらったボールをポドルスキが逆サイドにパス。これをクロースが完全にフリーでシュート。この試合初めてのドイツらしい攻撃だった。が、残念ながらカシージャスが見事な反応でストップする。

 その4分後、スペインはシャビがコーナーキックを蹴った。このボールがちょうどペナルティスポット辺りに飛んでいくと、走り込んできたプジョルが髪を振り乱して方向を変えた。

 ゴール!

 ドイツに何もさせなかったスペインは、得点まで敵のお株を奪うヘディングという形で決めてしまった。

点差は最少の勝利だったが、完璧な内容だったスペイン。

 リードされたドイツはようやく攻勢に出るが、スペインはビジャをトーレスに替えてカウンターを狙う。結局そのまま時間は流れ、3分のロスタイムが終わったところでレフェリーは笛を吹いた。

 今大会最強の敵を前にして、今大会最高の試合をやってのけたスペイン。点差は最少の勝利だったが、内容は完璧に近かった。

 マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたシャビは「ドイツの守備はとてもしっかりしていたけれど、ゲームを支配していたのは僕ら。素晴らしい試合だった」と胸を張り、「決勝を前に自信が大きく増した」と笑っていた。

関連記事

BACK 1 2
シャビ・エルナンデス
ペドロ
南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ