オリンピックへの道BACK NUMBER

問題山積の女子柔道、新監督決定。
新たな船出に、なお残る違和感。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/03/25 10:30

問題山積の女子柔道、新監督決定。新たな船出に、なお残る違和感。<Number Web> photograph by Kyodo News

3月18日の理事会後に会見を行なう上村春樹会長(手前)と斉藤仁強化委員長。会長、執行部に加え、理事のメンバーの顔ぶれも変わらないことが発表された。

柔道の名誉回復のために、やるべきことは何なのか?

 であれば、再出発を図る機会に、問題にどう対応していくのかばかりでなく、それを通じて、「日本の柔道としてこうだ、こうあろうとしている」というメッセージが打ち出せればよかった。

 大きな方向、ビジョンがあって、それに沿う形で個々の事柄を位置づける。それくらいでなければ、柔道の名誉回復は図ることはできないのではないか。伝わることのなかった柔道の姿を発信する、あるいは柔道を自ら捉えなおす機会とすることができるはずだ。

 だが、伝わってくるのは、そうした危機感の薄さである。

 全柔連の発表の翌日には、日本オリンピック委員会(JOC)から、今年度分の交付金の停止処分が発表されたほか、代表選手選考基準の明確化、相談窓口の設置など13項目の改善勧告が出された。

 少なくとも、外部からではなく自ら襟を正していく――そうであってほしいところだ。

関連記事

BACK 1 2 3
園田隆二
南條充寿
増地千代里
上村春樹
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ