SCORE CARDBACK NUMBER

勝てなくなった関東勢が
豊富な才能を生む理由。
~ドラフトと甲子園の逆説~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/07/10 08:00

勝てなくなった関東勢が豊富な才能を生む理由。~ドラフトと甲子園の逆説~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ドラフト候補の149km右腕、東海大相模の一二三はセンバツ初戦敗退の借りを返せるか

 '09年春以降の甲子園3大会で、四国勢に次いで勝率が低いのが関東勢だ。今春、日大三が準優勝して4勝をもたらしたが、15勝22敗と7つの借金がある。'09年の選抜は7校のうち5校が、選手権では9校のうち5校が初戦で敗退。地盤沈下と言われても仕方がない。

 有力選手が分散せず、1校に集中したほうが甲子園大会で勝てる――これは高校野球関係者の間でまことしやかに囁かれる言葉だが、その例としてしばしば取り上げられるのが千葉県である。

「銚子商、習志野の2強時代から群雄割拠になって甲子園で勝てなくなった」

 たしかに、千葉の甲子園春、夏の優勝、準優勝校を調べると、'00年夏の準優勝(東海大浦安)まで遡らなくてはならず、これは関東勢としては東京、埼玉、神奈川、茨城よりも遠い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯激闘録日本代表、ベスト16の真実。

Sports Graphic Number 2010/7/14臨時増刊

南アフリカW杯激闘録
日本代表、ベスト16の真実。

 

関連記事

一二三慎太

高校野球の前後の記事

ページトップ