SCORE CARDBACK NUMBER

480日ぶり実戦も不安一蹴。
菅野智之の挑戦が始まる。
~WBC組の多い巨人を救えるのか!?~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/03/08 06:00

480日ぶり実戦も不安一蹴。菅野智之の挑戦が始まる。~WBC組の多い巨人を救えるのか!?~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2月24日の楽天戦で好投、「巨人に入ってよかった。やっと一員になれました」と語った。

 日本ハムのドラフト指名を受けた菅野智之が1年間の浪人を決めた直後、ある会でこんなふうに話していたことが印象に残っている。

「僕はどこで野球をやっても同じだと考えているけれど、両親の立場を考えたら、わがままばかりは言えない」

 よく知られているように、菅野の祖父は東海大野球部顧問の原貢氏、母はその長女であり、原辰徳監督の妹である。原監督も、プロから声がかかる存在でありながら、人気の東京六大学ではなく、首都大学リーグの東海大に進学を決めた。息子の辰徳が監督を務める巨人に、孫の菅野を入団させることは、貢氏の壮大な夢であったろう。その気持ちが痛いほどわかるからこそ、菅野は「巨人」という選択を貫いたに違いない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

読売ジャイアンツ
菅野智之
原辰徳

プロ野球の前後のコラム

ページトップ