SCORE CARDBACK NUMBER

キック界の活性化を見据えた、
GLORYの次なる展開。
~3・10開催「JAPAN」が持つ意義~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byKoji Fuse

posted2013/03/01 06:00

キック界の活性化を見据えた、GLORYの次なる展開。~3・10開催「JAPAN」が持つ意義~<Number Web> photograph by Koji Fuse

記者会見では、JAPAN SLAMの優勝賞金は2万ドル(約186万円)と発表された。

 立ち技の頂きにたつGLORY。先日「Road to GLORY JAPAN」(3月10日・ディファ有明)の開催が発表された。目玉は国内の主要団体の王者やトップクラスが一堂に会した「JAPAN 65kgSLAM」だ。

 かつて日本のキックボクシング界にはK-1JAPANで活躍すれば、K-1世界大会に出場できるというステップがあった。その役目を今後はGLORYが担う。この8人制で行なわれるワンデートーナメントで優勝すれば、5月3日に有明コロシアムで開催される「GLORY8 65kg世界トーナメント」への出場切符を手にすることができる。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

野杁正明
モハン・ドラゴン

格闘技の前後のコラム

ページトップ