SCORE CARDBACK NUMBER

大型ルーキー東浜巨は
ブルペンよりも実戦派。
~王会長、秋山監督が感じた凄み~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/02/22 06:00

大型ルーキー東浜巨はブルペンよりも実戦派。~王会長、秋山監督が感じた凄み~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

開幕ローテ入りを目指す東浜は2月6日に、フリー打撃に登板、順調な仕上がりを見せた。

 ソフトバンクのブルペンは迫力がある。攝津正や大隣憲司、岩嵜翔、寺原隼人、新垣渚、武田翔太、パディーヤら豪華な面々がずらりと並ぶ。そんな中、今季のドラフト1位、東浜巨が目立たない。ルーキーイヤーに8勝を挙げた武田が迫力のあるストレートを投げ込む隣で、東浜は黙々とフォーム固めに取り組んでいる。

 じっと見つめていた王貞治会長は「ブルペンだけを見ていると存在感がないんだ。バッピー(打撃投手)のような投げ方をして……。攝津が入団した時がそうだった。力みのないフォームで球が打者の手元で伸びる。実戦向きのタイプなんだろうね」と東浜を評した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

東浜巨
福岡ソフトバンクホークス
秋山幸二

プロ野球の前後のコラム

ページトップ