Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<舞姫が復活する日> 安藤美姫 「失われた“ミキ”を求めて」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2013/02/18 06:01

<舞姫が復活する日> 安藤美姫 「失われた“ミキ”を求めて」<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto
わずか14歳で4回転を跳び、18歳で初の五輪を経験。
失意の時期も乗り越え、'11年に2度目の世界女王に輝くも、
選手人生の絶頂期に休養を宣言。約2年の月日が流れたが、
人々は何故、美姫がいればと想像し、復帰を待ち望むのか。
公私に渡って支え続けてきた関係者たちの証言から、
見る者すべてを惹き付ける、彼女の魅力の秘密を探った。

 両手を開き、指先を嬉しそうに眺める。

「この爪、安藤がきっかけなの」

 城田憲子の10本の爪には「銀ラメ」のマニキュアが施されていた。

 城田は、日本スケート連盟の元強化部長だ。そのときの縁で、女子フィギュアスケーターの安藤美姫とは、今も親交が続いている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5387文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

安藤美姫
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ