SCORE CARDBACK NUMBER

日本格闘技界を盛り上げる
キーワードはアジア。
~2013年は“日本回帰”の時代に!?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2013/02/04 06:00

日本格闘技界を盛り上げるキーワードはアジア。~2013年は“日本回帰”の時代に!?~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

大晦日のGLORYでシュルト(写真右)は「日本の格闘技の状況が良くなりうれしく思う」と語った。

 振り返ってみれば、2012年は「海外流出の年」だった。多くのMMAファイターはアメリカへ渡り、UFCやベラトールと選手契約を結んだ。青木真也はアジア最大のMMAイベント、ONE FCと契約した。

 この流れは今年も止まりそうもない。K-1やPRIDEを通して日本から海外に情報を発信していたのは過去の話。いま、国内でビッグイベントを見るとしたら、UFCやGLORYなど海外発の大会の日本開催を待つしかない。

 昨年大晦日、DREAMがGLORYの前座として扱われる一方で、魔裟斗が「方向性の違い」を理由に新K-1のエグゼクティブプロデューサーを辞任したのは決して偶然とは思えない。あの日を境に、日本格闘技界を取り巻く状況は劇的に変わったのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

岡見勇信
五味隆典
水垣偉弥
福田力
魔裟斗

格闘技の前後のコラム

ページトップ