SCORE CARDBACK NUMBER

ロジャーとバリーを許せるか。
賛否分かれた殿堂入り投票。
~MLB薬物問題への疑念は晴れず~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/01/24 06:00

ロジャーとバリーを許せるか。賛否分かれた殿堂入り投票。~MLB薬物問題への疑念は晴れず~<Number Web> photograph by AFLO

昨夏、独立リーグのスキーターズで現役復帰したクレメンス。50歳ながら142kmを記録した。

 今年度の殿堂入り投票結果が1月9日に発表され、選出ラインの得票率75%をクリアする資格者が不在という事態になった。該当者なしは1996年以来17年ぶりのことだが、今回の結果は、ある程度、予想されたものだった。というのも、今回は「薬物疑惑世代」のビッグネームが一斉に有資格者となったため、彼らへの見解を巡って投票が分散すると見られていたからだった。

 もっとも注目されていたのは、通算354勝、サイ・ヤング賞7回のロジャー・クレメンスと、メジャー最多本塁打の762本を記録したバリー・ボンズの2人だった。いずれも球史に残る輝かしい実績を残した一方で、ステロイドなどの禁止薬物を使用した疑いから政府の公聴会などに出廷し、その際の偽証罪などで裁判にもつれ込んだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メッシvs.ロナウド~世界最強はどっちだ~

関連記事

ロジャー・クレメンス
バリー・ボンズ
ジョー・トーリ
クレイグ・ビジオ

MLBの前後の記事

ページトップ