濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

DREAMが外資系年末イベントで復活!
真価が問われる“大晦日恒例行事”。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2012/12/28 10:30

DREAMが外資系年末イベントで復活!真価が問われる“大晦日恒例行事”。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

12月31日に行なわれる大会に向け、手をとりあったDREAMとGLORYの面々。新生DREAMはその真価が問われることとなる。写真左から北岡悟、川尻達也、高谷裕之、GSI(グローリー・スポーツ・インターナショナル)のピエール・アンデュランド会長、スコット・ラッドマン、バス・ブーン、笹原圭一広報。

“大晦日”以上の開催意義をファンに与えられるか。

 放送メディアはCS・ケーブルテレビとニコニコ生放送のPPV。

 地上波中継がなく、開催発表も10月下旬と遅かっただけに、プロモーションはどうしても苦しいものになってしまう。

 かつて“お茶の間”でK-1 GPを楽しんでいた人たちに、シュルトやアーツが日本で試合をすることがどれだけ伝わっているだろうか。いくら豪華メンバーでも、日本ではまだGLORYというブランドそのものに知名度がない。

 毎年恒例の大晦日イベントだが、今回は新たなスタートになる。

 レベルが上がっている現在の日本総合格闘技、GLORYという立ち技の新ブランドをどこまで世間にアピールすることができるか。大事なのはかつての栄光を取り戻すことではなく、新たな歴史を作っていくことだ。

「今年も大晦日にやるんだ。よかったな」というコアなファンの“安心”以上の何を提示できるか。DEEPやKrushなど後楽園ホールをベースにしたイベントがハイレベルな試合で観客を沸かせている中、“メジャー”であることの意義が問われる。

関連記事

BACK 1 2
セミー・シュルト
ピーター・アーツ
レミー・ボンヤスキー
グーカン・サキ
エロール・ジマーマン
川尻達也
小見川道大
前田吉朗
ビビアーノ・フェルナンデス
北岡悟
高谷裕之
青木真也

格闘技の前後の記事

ページトップ