SCORE CARDBACK NUMBER

UFCの頂点を目指すため、
ケージファイトでVTJが復活。
~12・24代々木で金網マッチ開催~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2012/12/23 08:00

UFCの頂点を目指すため、ケージファイトでVTJが復活。~12・24代々木で金網マッチ開催~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

VTJのメインカードとして発表された佐藤ルミナ(右)vs.所英男。所は1年ぶりの復帰戦となる。

 日本で初めてバーリトゥードの試合を組んだことで知られる「バーリトゥードジャパン」が「VTJ」として3年ぶりに復活。12月24日、東京・代々木競技場で開催される。今大会の特色はロープに囲まれたリングではなく、ケージ(金網)ファイトとして行なわれることだろう。その理由を訊ねると、大会主催者でプロ修斗公式戦を運営するサステインの坂本一弘代表はハッキリと答えた。

「日本人がUFCで勝てない現状を何とかしたかった。VTJを通して、修斗からUFCのチャンピオンを出したい」

 一口にMMAといっても、リングとケージでは闘い方が全然違う。ケージにはコーナーがない。さらにケージを壁に見立てて立ち上がったり、足の指を引っかけて身体の向きを変えるなど、独自の技術も発達しつつある。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

坂本一弘
弘中邦佳
カーロ・プラター
堀口恭司
イアン・ラブランド
佐藤ルミナ
所英男

格闘技の前後のコラム

ページトップ